タイトルイメージ260日まで 立派なトマトです

台風の影響もある雨や曇りが8月9日から3日程続き、やっと
今朝から太陽出てきました。ちょうど明るい写真がとれました。
IMG_20180812_0098.JPG

















IMG_20180812_0088.JPG

















今日のトマトの数は、全体(赤いと青いトマト)で約3,600個。
赤いトマトは約1,300個。トマトの頑張りで立派な数字です。
見栄え、写真映え良く。
変わらず赤いトマト1,000個以上をキープできています!
IMG_20180812_0113.JPG

















さて、先日8月6日(月)254日目。
久々に晴れ間が連続して、見上げると赤いトマトが多すぎると思い、
トマトをカウントする日ではなかったのですが、数えました!
(8月6日の写真 ↓↓↓ 見てください、ぴっかぴかです)
IMG_20180806_0008.JPG

















IMG_20180806_0031.JPG

















IMG_20180806_0040.JPG

















IMG_20180806_0084.JPG

















その数は赤いトマトだけで約2,100個、過去の記録を見返しても
2,000個以上は、2010年9月に1度(一瞬)あるだけです・・。
今年のトマトにはまたもびっくりさせられました・・。

すでに気づいた方いらしゃるかも知れませんが、今日の赤いトマト
は1,300個。6日間で約700個減りました。6日間で収穫数1,585個。
収穫してもどんどん赤くなっていきます。
本当に頑張る元気なトマトの樹です。
IMG_20180806_0088.JPG

















260日目の今日のトマトの話に戻ります。茎の太さが10cm超え
ました。株元にひびが入り、急に太くなり始めました。
根っこからの水や肥料の吸収にストレス(負担)がかかってい
る証拠です。これを見ても天候に合わせて生長していると分かります。
私たちの手でもう少し負担が減るように環境を変えていかないとと
頭を悩ませています・・。
IMG_20180812_0107.JPG

















IMG_20180811_0026.JPG

















この後、北海道のお盆休みは週間天気予報を見ると雨ばかりです・・。
たくさんのお客様に来てもらい時なのに、湿度高くて灰色カビの
病気も増えそうだったりと、不安なことが多く心配です。
IMG_20180812_0070.JPG

















でも、赤いトマトはたくさんぶら下がっていますので、
たくさんの方が見に来てくれたらトマトも喜ぶと思います。
IMG_20180812_0111.JPG

















260日目(8月12日)
草高   180㎝(前年180㎝)
茎の太さ  100.4㎜(前年65.8㎜)
葉の広がり 940×920㎝(前年970×890㎝)
実の数  3593個くらい、その内赤い実は1295個
     (前年2624個くらい、内赤い実は1161個)
収穫数   7995個(前年6747個)
水(液肥)吸収量 78~174㍑/日(前年115~232㍑/日)
IMG_20180811_0010.JPG

















IMG_20180812_0154.JPG

















IMG_20180812_0132_1.JPG

















IMG_20180812_0115.JPG

















IMG_20180812_0160.JPG

















IMG_20180812_0168.JPG

















IMG_20180812_0179.JPG

















IMG_20180812_0188.JPG

















IMG_20180812_0203.JPG

















IMG_20180812_0204.JPG




















タイトルイメージ250日まで 7月は「異常気象」の発表

ちょうど今日の新聞に出ていました。
気象庁から7月は大雨と高温で異常気象、
「30年で一度もない」と・・。全国的にみて、東日本中心に
気温上昇、豪雨と台風で西日本が平年2倍の降水量。
「豪雨と猛暑はそれぞれ30年に1度よりも発生確率が低い
という意味で異常気象だ」という総括。
北海道も前後半で対照的な天気で記録的な状況の7月でした。
上旬は、前線の停滞で雨が多くじめじめ、降水量はここ恵庭で
平年の約5倍。下旬は記録的猛暑で平均気温が平年より2℃ほど
高かった。ここ石狩管内7月の日照時間は4分3が18~31の14日間
に集中するという月後半が際立った暑さになってました。
一気に夏になった・・。という事です。

さて、今日のトマトは、数日の30度近い気温で・・
こんな感じに・・。
IMG_20180802_0074.JPG

















棚上は萎れがひどいです。
IMG_20180802_0211.JPG

















中心付近のトマトは少なくなりました。
IMG_20180802_0072.JPG

















でも、栽培棚の外側に赤いトマトがゴロゴロついています。
IMG_20180802_0135.JPG

















太陽浴びてどんどん赤くなっています。赤いトマト約1,500個!
IMG_20180802_0145.JPG

















外気温約30℃、日中ハウス内は30℃越えです。
この10日間で6月上旬から続いていた1ヶ月以上(50日程度)の低日射
から大幅に回復しましたが、トマトは低日照で樹勢が落ちている状態での
ここ数日の強日射&高温となり、生長点の萎れが強くでて、2年振りの遮光
カーテンを使用しています。ミスト(細霧冷房)では、限界を感じての併用を
しているところです。
IMG_20180802_0268.JPG

















また、灰色カビ病が増えていて、全然減りません・・。
農薬(殺菌剤)散布はしないので、どうにか管理の手で被害を
くい止めます。それにしても今年の灰色カビは手ごわいです。
IMG_20180802_0259.JPG

















IMG_20180802_0263.JPG

















そういえば今日で、
11月10日の栽培終了まであと100日になりました。
IMG_20180802_0202.JPG

















250日目(8月2日)
草高   180㎝(前年180㎝)
茎の太さ  85.0㎜(前年62.7㎜)
葉の広がり 930×910㎝(前年980×900㎝)
実の数  3931個くらい、その内赤い実は1470個
     (前年3018個くらい、内赤い実は1083個)
収穫数   6278個(前年5360個)
水(液肥)吸収量 118~197㍑/日(前年88~256㍑/日)
IMG_20180802_0036.JPG

















IMG_20180802_0183.JPG

















IMG_20180802_0118.JPG

















IMG_20180802_0166.JPG

















IMG_20180802_0251.JPG

















IMG_20180802_0224.JPG

















IMG_20180802_0235.JPG

















IMG_20180802_0246.JPG






















タイトルイメージ銀河庭園のガーデナーがこっそり教えるミゴロナトコロ04 Aug.

いよいよ8月になり、北海道も暑さが最高潮(?)となっています。

週末の見頃なところ、お勧めシーンをご紹介します。

  

 

 

1.   ドラゴンガーデン 

木陰2箇所にベンチが設置してあり、そこからの眺めがお勧めです。

クロコスミアがかっこよいです。さわやかに透けるブロンズフェンネルとの相性が抜群です。
石壁の縁を彩るナスタチウムや暑さが大好きな植物ランタナなど、夏ならではのオレンジ~レッド系のホットカラーなガーデンです。

 

 

_DSC3284e.jpg


_DSC3280e.jpg

 

2.   ボートレースガーデン

涼しげなブルーの花色がこの時期の売りです。

中央付近にあるコンテナガーデンのアガパンサスの存在感が良い感じです

またベージュの外壁に沿ってクレマチスの紫の濃淡もお勧めです。

濃紫(クレマチス'ジャックマニー')、薄紫('プリンス・チャールズ')

 

 

_DSC3304ee.jpg


_DSC3295e.jpg


 

Yuri


タイトルイメージ銀河庭園のガーデナーがこっそり教えるミゴロナトコロ27 Jul.

今週の一押しの植物は、クロコスミア'ルシファー'です。
きれいにならなんだ独特な花の形と葉のすらっとした垂直のラインがかっこいい、さわやかな花です。

いさぎよい赤い花色も魅力です。

2番目はアメリカアジサイ'アナベル'です。真っ白な花色が清涼感があります

 

お勧めポイントは......

  

1.   ベアガーデン

赤いクロコスミアと紫がかったオーナメンタルグラスの組み合わせが素敵なガーデンです。
一年で一番魅力がわかりやすくなるシーズンです。


_DSC3096.jpg

 

 

2.   ブラック&ホワイトガーデン

お勧め植物のアナベルと八重咲きのシャスターデージー、そして黒いホリホック(タチアオイ)の組み合わせが見られます。


_DSC3087.jpg



 

3.   ドラゴンガーデン

ここもクロコスミアがかっこよいです。さわやかに透けるブロンズフェンネルとの相性が抜群です。そのほかにもナスタチウムなどオレンジ系のホットカラーが夏向きなガーデンですのでぜひごらん頂きたいです。


_DSC3126.jpg

  

 

 

他にもヘメロカリスやオオウバユリなど、この時期だけしか見られないさまざまな花が咲いています。まだまだ花の多いシーズンです。

 

Yuri

タイトルイメージ銀河庭園のガーデナーがこっそり教えるミゴロナトコロ04 Jul.

今週末はバラ祭りのちょうど折り返しで、お勧めのご案内です。

北海道なのに梅雨のような、そして時に豪雨もあり、見ごろの花に降り続く雨には、泣きたくなるようなお天気ですが、その晴れ間にもけなげに花は咲いています。

 

お勧めエリアと花をご紹介します。

 

【ロズビィのバラ畑】

バラ畑のアーチは、今週末がおすすめです。

ピンクのつるバラの'コンスタンス・スプライ'がきれいです。

トレリスガーデンへつながる道のフェンスの小さなバラ'コーネリア'とアーチの終わりの箇所が一度に写せるところが今週の一押しです。


_DSC2640e.jpg

_DSC2661e.jpg

       

【ローズガーデン】

 

多くの花が開花していますが。4つのエリアの色分けがよくわかる時期です。

中央のアーバーにかかる薄ピンクのポールズヒマラヤンムスクも咲いています。

来週は4箇所のアーチのつるバラも咲いてきて、さらに花のボリュームが増してきます。

一番のおすすめのタイミングは77日~12日の見込みです。


_DSC2677e.jpg


_DSC2682e.jpg

 

【トレリスガーデン】

薄ピンク色の"マリー・パヴィ"が咲き、とても美しい見ごろの状態です。

小さなバラですが株一面を覆うほど花がついています。

ここは宿根草とのコンビネーションも見所のひとつです。


_DSC2666e.jpg

_DSC2696e.jpg

 

雨の晴れ間を見つけたら、ぜひごらん頂きたく、お待ちしております。
Yuri

タイトルイメージ210日まで 太陽出てきて欲しい・・

なかなか太陽が出ません・・。朝から雨が降っていたり、
気温が上がらない日が続いています。赤いトマトの数は極端に
減ってはいませんが、これからのトマトの色づきが遅くなっています。
今後の生育が心配になる天気が続いています。湿度も高くカビの
病気が心配なので、とにかく早く太陽に出てきてもらいたいです。
IMG_20180623_0042.jpg

















IMG_20180623_0043.jpg

















IMG_20180623_0033.jpg

















たいぶ中央付近の赤いトマトが少なくなりました。
でも、また次の枝が伸びて花を咲かせ、実をつけます。
IMG_20180623_0068.jpg

















IMG_20180623_0071.jpg

















210日目(6月23日)
草高   200㎝(前年180㎝)
茎の太さ  60.5㎜(前年51.1㎜)
葉の広がり 930×920㎝(前年910×835㎝)
実の数  2719個くらい、その内赤い実は1026個
     (前年2745個くらい、内赤い実は568個)
収穫数   2170個(前年1195個)
水(液肥)吸収量 85~237㍑/日(前年94~240㍑/日)
IMG_20180623_0008.jpg

















IMG_20180623_0063.jpg

















IMG_20180623_0052.jpg

















IMG_20180623_0092.jpg

















IMG_20180623_0096.jpg

















IMG_20180623_0099.jpg

















IMG_20180623_0132.jpg

















IMG_20180623_0134.jpg

















IMG_20180623_0151.jpg

















IMG_20180623_0156.jpg


















タイトルイメージ銀河庭園のガーデナーがこっそり教えるミゴロナトコロ22 Jun.

今週はペレニアル<宿根草>ウイーク2週目ということで、お勧めのご案内です。

霧雨にみまわれた1週間でしたが、雨の中でもけなげに花は咲いています。

 

ペレニアルとは宿根草のこと、根が残り、毎年花を咲かせてくれる、庭づくりには

頼りになる相棒です。銀河庭園にもたくさんの宿根草があり、それぞれの季節の表情を見せてくれます。特にこの時期は青いお花が多く咲き、お勧めエリアはトレリスガーデンとボートレースガーデンです。

 

お勧めの花はゲラニウムです。

園内には10種類ほどのゲラニウムが植えられています。6月の主役ともいえる花です。

 

お勧めポイントは...

 

ボートレースガーデン

ここは白いアリウム'マウント・エベレスト'が一番目を引きます。

背の高いアリウムとその隙間を埋めるように、青いお花の濃淡があります。

その中でもゲラニウム・マグニフィカムが今週の一押しです。

マグニフィカムというのは<大きな>という意味でゲラニウムの仲間では大きな花弁で筋が入る青い花です。


_DSC2396.jpg

 

 

トレリスガーデン

青いトレリスにあわせて、青い花のガーデンです。

ここのゲラニウムもまた背が高く姿が大きくきれいです。

ゲラニウム'ジョンソンズ・ブルー'とゲラニウム'オリオン'そして

背の高いデルフィニウムのすっきりした姿も魅力的です。

そしてセントオーレア・モンタナの青も目を引きます。


_DSC2386.jpg



 

他にもこの2つのガーデンに行く途中にあるメイズは、フラワーメドウ(お花畑)で

ピンクと黄色い花の組み合わせがかわいい、一年で一番お勧めの時期です。

ボーダーのデルフィニウムと黄色いラナンキュラスアクリスの組み合わせも素敵です

 

6月の銀河庭園から目が離せなくなりそうです。7月になるとバラが咲いてきます。

タイトルイメージ銀河庭園のガーデナーがこっそり教えるミゴロナトコロ15 Jun.

今週と来週はペレニアル<宿根草>ウイークということで、特に青い花がきれいなシーンをご紹介します。

 

ペレニアルとは宿根草のこと。植えっぱなしで毎年花を咲かせてくれる、庭づくりには

頼りになる相棒です。銀河庭園にもたくさんの宿根草が植えてあり、それぞれの季節の表情を見せてくれます。特にこの時期は青いお花が多く咲きます。

デルフィニウム、ゲラニウムなどがこの時期の主役です。

 

「サムシング・ブルー」 ジューンブライドの幸せの青い花、その中でもお気に入りを

探してみてください。

青い花のお勧めエリアはトレリスガーデンとボートレースガーデンです。

 

●お勧めポイント 

ボートレースガーデン

ここは白いアリウム'マウント・エベレスト'が一番目を引きます。

そして紫のシベリアアヤメのかっこいい姿のハーモニーがお勧めです。

そして6月の主役ともいえるゲラニウムの花もさいてきました


_DSC2345.jpg

_DSC2336.jpg


 

トレリスガーデン

青いトレリスにあわせて、青い花のガーデンです。ここもゲラニウムが今きれいです。

ゲラニウム'ジョンソンズ・ブルー'とゲラニウム'オリオン'

背の高いデルフィニウムのすっきりした姿も魅力的です。

そしてセントオーレア・モンタナの青も目を引きます。


_DSC2318.jpg


_DSC2312.jpg

 

 

他にも、ボーダーのデルフィニウムも黄色いラナンキュラスアクリスが咲いてきました。

 

6月の銀河庭園から目が離せなくなりそうです。

Yuri

タイトルイメージ200日まで 200日になりました!

この10日間を振返ると最初30℃近くの暑さになり、後半は雨があった
り、夜の気温が3℃くらいに下がる日があったりと寒暖差がありました。
6月だと言うのに気温が低いのは、トマトも調子を狂わせているかも
してませんが、今のところ前回から引続き、赤いトマト1000個以上を
キープできています。
IMG_20180612_0025.jpg

















IMG_20180613_0036.jpg

















IMG_20180613_0054.jpg

















IMG_20180612_0039.jpg

















今日200日目を向かえ確認したところ、今年のトマトの枝葉の生育は
旺盛で本日現在棚の端まで到達してしまいました。これから密度が
高くなったり、あいている棚に伸びていきますが例年より10日から
2週間ほど早い生長ぶりです。
棚下から見ても枝葉が多いことがわかります。
IMG_20180612_0043.jpg

















IMG_20180612_0078.jpg

















正面出入り口の棚上の様子です。ここまで伸びました。
IMG_20180612_0113.jpg

















棚上の枝が端に到達しています。
IMG_20180613_0021.jpg

















根っこは立ち根が多く元気です。
外の気温が30℃近くになった6月6日は、今年最高の273リットルの
水と肥料を吸収してトマトは暑さをしのいでいました。6月上旬の
この吸収量は記録的で、根っこが状態良い証拠といえます。
IMG_20180612_0009.jpg

















200日目(6月13日)
草高   200㎝(前年170㎝)
茎の太さ  55.5㎜(前年46.7㎜)
葉の広がり 920×890㎝(前年800×750㎝)
実の数  2848個くらい、その内赤い実は1367個
     (前年2663個くらい、内赤い実は598個)
収穫数   1242個(前年1195個)
水(液肥)吸収量 97~273㍑/日(前年68~241㍑/日)
IMG_20180612_0006.jpg

















IMG_20180612_0073.jpg

















IMG_20180612_0086.jpg

















IMG_20180613_0019.jpg

















IMG_20180612_0130.jpg

















IMG_20180612_0134.jpg

















IMG_20180612_0143.jpg

















IMG_20180612_0150.jpg

















IMG_20180612_0172.jpg




















タイトルイメージ銀河庭園のガーデナーがこっそり教えるミゴロナトコロ07 Jun.

今週はぐんぐん気温も上がり、例年より早くどんどん花が開花しています。(うれしいような、困るような・・・)
そんな銀河庭園をぜひごらん頂きたいです。


今週の一押しの植物は、球根の花 アリウムです。
愛嬌のある丸い形が人気です。
色やサイズもさまざまなアリウムの魅力が満載です。
白~ブルーから紫の花色も魅力です。

お勧めポイントは... 

ボートレースガーデン
ここは白いアリウム'マウント・エベレスト'が一番目を引きます。そして紫のシベリアアヤメのかっこいい姿のハーモニーがお勧めです。
今週、来週、再来週、主役が交代しながらお勧めのガーデンです。

_DSC2264e.jpg

_DSC2271e.jpg


ドラゴンガーデン
昨年、今年と一番銀河庭園で変化したガーデンです。
アリウムが5種類も植えられていて、今はアリウム'パープルセンセーション'と少し花が大きく薄紫のアリウムグローブマスターが見ごろです。
オレンジ系のナスタチウムとの補色対比がかっこいい組み合わせです。他の背の高い植物はレウム・パルマータムでジャムにするルバーブの仲間です。

_DSC2296e.jpg

_DSC2294e.jpg

他にもメイズはピンクと黄色い花の組み合わせがかわいいですし、来週はボーダーのデルフィニウムも咲きそう。 
6月の銀河庭園から目が離せなくなりそうです。

Yuri
  

2018年08月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ