銀河庭園のガーデナーがこっそり教えるミゴロナトコロ(8月13日)

銀河庭園のある恵庭市も今週、豪雨に襲われました。

先週に続き3回目です。

皆さんの住む所はいかがでしたか?

 

園内ではスロープなどが水の勢いでえぐられてしまいました。

強い雨でうなだれた花も折れた物もありますが、首を上げて元気良く咲いている姿に植物の強さを感じます。

entrance0.jpg

ミゴロナトコロ1:エントラスガーデン(スネークガーデン)

入り口にある札幌軟石の蛇が特徴のガーデンです。

今は数種類のオーナメンタルグラスが風にそよぐ季節になりました。真ん中に黒い目のある黄色いルドベキア'ゴールド・ストラム'と、咲き始めた黄色と赤のダリア、そして赤いサルビアの組み合わせが夏らしいです。

entrance1.jpg

 

ミゴロナトコロ2:ボードウオーク

もともと敷地内に生えていた樹木の間に作られたボードウオーク(木道)は、暑い時期にお勧めのコースです。

そこに今たくさん咲いているのがタチギボウシです。

北海道に自生している植物で、(もちろん植えたものなのですが)自然な雰囲気で、紫のさわやかな花がいち押しです。

他にも白いしっぽのような花、オカトラノオもいい雰囲気です。 

boardwalk1.jpg

 

ミゴロナトコロ:タイガーガーデン

タイガーガーデンの山側のベンチ付近の植物たちがいい感じです。

銅葉で赤い花のダリア'ジャパニーズ・ビショップ'と、葉が赤いモミジのような紅ヒマ(トウゴマ)、そしてこちらも赤黒いルドベキアの'チェリーブランディ'が(酔いそうな名前!?)いいハーモニーを作っています。

この後、タイガーガーデンは銅葉のカンナも咲きだし、一年で一番よい季節になってきます。

tiger1.jpg

 

今週末はユリのカサブランカも咲いています。ブッドレアも咲いています。暑さと虫除け対策をして、夏真っ盛りのガーデンへどうぞ。

お楽しみに。

Yuri

  

2018年01月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ