カテゴリーアーカイブ:とまとの森

タイトルイメージ60日目 大人の階段の~ぼる~~♪

こんにちは^^
今日は最高に良いお天気です。
冬ということを忘れて浮かれてしまいそうです。

朝、トマトに目をやると黄色いつぼみがあと少しで開花しそうになっていました。
早く目覚めろ、と心で願いつつ60日目の調査へ。
うん、順調順調^^

そして何と!
今日のうららかな日差しを浴びて
午後の2時頃開花していました。
一足先に春いただきました^^

花が咲いたよ^^v.jpg

60日目.jpg

草高      68cm
茎の太さ   13mm
葉の広がり 100cm


今10日で20cm身長が伸びる驚異の時期!

タイトルイメージ50日目 紅茶などたしなみたくなりました

こんにちは^^ 寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

3日ほど前からこのトマトに「モーツァルト」を聞かせはじめました。

こんな曲聴いてます♪.jpg

皆様もどこかで聞いたことがあると思いますが
モーツァルトの音楽は生物の成長にとても良いらしいのです。
ここ、とまとの森では朝と夕方にモーツァルトのバイオリン協奏曲を聴かせています。
一緒に聴いている私もいまだに成長を続けているほどなんですよ!(言い訳)

さて^^;
肝心のトマトですが、何やら数本紐が見えますね。
べ、別にいじめているわけではないんですよ。
これは「誘引(ゆういん)」と言って読んで字のごとく
「誘い導いてあげている」いう状態です。
まだ、この頃のトマトは
第一次成長期の子どものように自我が芽生え
あちらこちらにチャレンジしつつも
親が見ていないと高いところから落ちて怪我をしたり
そんな目の離せない時と同じです。(大変ということが言いたかっただけです;;)

どんどん成長していくのですが、
方向を指し示してあげないと、ポッキリと折れたり
まっすぐに成長できなくなってしまったりします。
なので、こうやって紐で方向を示しているのです。
「こっちだよ~♪」とやさしく手を引いて歩いている
そんな状態に似ていますね。

50日目1.jpg


草高     47cm
茎の太さ   11mm
葉の広がり 70cm

タイトルイメージ40日目 謹賀新年

皆様あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、とまとの森のトマトは正月もお休みすることも無く
スクスクと成長をしております。

まだ確認するのも難しいのですがトマトの先端に
「花房」と言ってトマトの花のつぼみが出てきました。
これが花を咲かせて、あの真っ赤な実になっていくわけです。
寒い毎日が続く中でも確実に春を迎える準備をしているんですね^^v

40日目.jpg

草高     26cm
茎の太さ   9mm
葉の広がり 40cm

・・・お餅食べ過ぎたかなぁ・・・

タイトルイメージ30日目 メリークリスマス!

メリークリスマス!
種を植えてから約一ヶ月が経ちました。
この頃になると根もずいぶん伸びてきて
毎日のようにニョキニョキ伸びます。
(根の様子は近いうちに紹介しますね^^)

ちょっと(いや、かな~り)わかりにくいのですが
茎と葉の間にもうひとつ芽(わき芽といいます。)がでてきるのが見えるでしょうか?
とまとの森のトマトにとっては、このわき芽も大切な戦力(?)になるので
大切に伸ばしていきます。

意地でもわき芽!.jpg


画面が黄色いのは「補光ライト」というのをつけているからです。
どうしてもこの時期の北海道は日照不足になってしまいますので
「光を補って」あげているんですね。

だからとまとの森のトマトは冬でも元気元気!

草高     18cm
茎の太さ   5.3mm
葉の広がり 20cm

タイトルイメージ20日目 安住の地(?)をみつけました

こんにちは^^
実はこの10日間で劇的な変化がありました。
保育器のようなところから、しっかりと根をおろすことになる
大きな大きな水槽に移住(定植といいますが・・・。)しました!

小さな体に広すぎるくらいの水槽なので
何となく落ち着かない(と、きっと思っているはず)様子にも見えますが
ここをこれから安住の地(水?)とします。

大きく育てよ~^^♪.jpg

ところで、写真の左側にある扇風機
「どうしてこんな冬に?」と、疑問をお持ちの方がいるかもしれません。

突然ですが
Q&Aコーナー(時々これから出てきます。)
 Q:なぜ冬で暑くも無いのに扇風機をつけているの?
    もしかして夏みたいにハウスの中って暑いの?

 A:いえいえ、これは暑いからつけているのとは違います。
   風をあててあげることで、丈夫なトマトになってもらおう、という親心です。

よく「温室育ち」という言葉を聞くことがありますが、温室で育てていながらも
丈夫で強い苗に育ってもらいたくて、あえて「風になんか負けずに育て!」
とトマトの負担にならない程度の弱い風を苗にあてているのです。
こうやって丈夫に育てることで病気にも強く、たっくさんの実をつけられる
大きなトマトになるのですね。

20日目.jpg

草高     10cm
茎の太さ   3mm
葉の広がり 11cm

タイトルイメージ10日目 顔を出してみました。

こんにちは^^
種を植えてから10日がたちました。
今期初めての「調査日」です。
とまとの森ではトマトの成長を
10日に一度」調査します。
(ちょうど子どもで言うところの乳幼児検診みたいなものです。)

はじめまして6代目です.jpg


この写真は発芽したときの様子です。
何だか頼りなげで不安になります。
・・・これがあんなに大きくなるなんて、いまだに信じられません。

でも!調査日の今日撮った写真と比べてみてください!
全然違うと思いませんか?
たった数日しか違わないのに生命力ってすごいです!

10日目.jpg

草高     5cm
茎の太さ   1mm
葉の広がり 4cm

タイトルイメージ0日目 さぁ!一年が始まるぞ!

・・・とは言っても「あけましておめでとうございます!」
の、正月元旦のことではありません^^;
えこりん村 ガーデンセンター花の牧場
とまとの森の一年が今日2010年11月25日からはじまる
気合の一言です。
これからこの小さな種から天井いっぱいのトマトの実をつける
「大きなトマトの樹」にどんな風に育っていくのかを1年間レポートしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします^^

毎年スタートはこんな感じです。。

つまようじの先つけて・・・っと.jpg
濡らしたつまようじの先につけて・・・

たねまき.jpg

一本のトマトが根をおろす大きな水槽に行く前に
種たちは水槽隣につくられた小さなハウスで芽をだす準備をします。

6粒まきました.jpg

温かなハウスの中、温かなお水に守られ
あとは静かに芽を出すのを待つだけです。

たねまき完了.jpg

草高     0cm
茎の太さ   0mm
葉の広がり 0cm

・・・・ひたすら待つのみです・・・

タイトルイメージとまとの森から未来へ 【最終報告】

"とまとの森から未来へ"最後の報告をいたします。

えこりん村では5代目となった「 とまとの森」
2009年11月25日に種まきが行われ
2010年11月10日までの栽培期間は 350日

   収穫個数 15,781 個 
   収穫重量 1,017 kg

これまでの最高記録 は 3代目の収穫個数が17,185 個
重量は4代目が1275.6 kg を記録していますので
今回、残念ながら記録の達成はならず
昨年の実績にも わずか およびませんでした。

ただ、今年の異常な気候はとまとの森にとって過酷な環境でした...
春先の低温続きや北海道とは思えない初夏の暖かさを
考えると本当に良く頑張ったと思います。

1個あたりのトマトの重量も例年より20gも軽く今までで一番軽量でした。
最後の2ヶ月は水の吸収量も例年より4,000Lも少なかったのです...

最終検査で分かったことですが
通常白色の根が黄色く変色し根腐れしていました。

公開日も例年より191日と延長したので
とまとの森 は ひとりでも多くのお客様にお会いしたくて
最後の最後まで 頑張ったんだと思います。

____________________________________________________________________________________

とまとの森は施設の消毒や機材のメンテナンスを行い
新しい種まきがまもなく行われます

残念ながら公開はしていませんが
2010年11月25日に種まきを行い
皆さまにご覧いただける来シーズンからの公開は
2011年4月16日(土)~10月23日(日) を予定しています。


「とまとの森」はトマトの水耕栽培を公開している施設ですが ...
生命力の偉大さをあらためて知り
全ての命が つながりを持っていることを...
全ての営みがひとつの命であることを体感できる
小宇宙のような場所です。

とまとの森の命も
僕らの命も同じ命であるという
当たり前のことを...
本当に大切なこと...
感じることのできる場所です。

________________________________________________________________________________


最後になりましたが
(私的なことで申し訳ございません)
農業チームTさんには深く感謝しています。

Tさんの日々努力の積み重ねによって
とまとの森は維持管理され
多くのお客さまに観ていただくことができています。

また、Tさんからのお声がけがなければ
このシリーズは始まりませんでした。

農業や栽培 の知識がない私に基礎から
分かりやすく教えていただき
農業に向き合う熱く真摯な姿勢に
農業に関わる方々の気持ちを学ぶことができました。


とまとの森を通じて出会うことができたキセキを
これからも大切にしていきたいと思います。


________________________________________________________________________________________


さて、1年間続いた「とまとの森から未来へ」
実は まだまだ伝えたいことがたくさん残っています...

次世代へバトンタッチされた命の営みを
これからもレポートできたら良いなと期待を込め
最後のあいさつに変えさせていただきたいと思います。

「とまとの森から未来へ」1年間ご愛顧いただき
本当にありがとうございました。

タイトルイメージとまとの森から未来へ

最後の...「とまとの森」の仕事です

生育状況を確認するため
専門家による分析が行われます

分析が行われます

今年の天候は、とまとの森にとって
良い気候ではありませんでした

春先は雪どけが遅く低温が続き
夏にはその逆で連日の快晴
高温多湿が続き
トマトにとっては過酷な生育環境でした

それでも15,000個以上のトマトが実り
多くのお客様に観賞していただくことができました
また、ジャムなどの加工商品に姿を変え
味覚を楽しんでいただくこともできました

最後のなみだ...

驚きや感動をお届けした「とまとの森」は
次のいのちへとバトンタッチし
そのいのちは延々と受け継がれて行きます

いのちの営み
前世代への感謝
次世代への期待
積み重ねの日々

次回はいよいよ
2010年"トマトの森"の集計データ
今後のスケジュールをご報告して
1年に渡る"とまとの森"のレポートを終了したいと思います。

タイトルイメージとまとの森から 未来へ

大粒の雨が時折ビニールハウスの屋根を強く叩きつけています
開けたドアから突風が吹き込こみ
一瞬 とまとの森が大きく揺れました...

今日から とまとの森 の後片付け

まず、赤いトマトを収穫して数を確認します

はじめて見る赤い実のないとまとの森

続いて青い実も収穫します

トマトのないとまとの森です...

トマトたち...

そして、枝を短く剪定しました

ビニールハウスが明るくなり
少し小さくなった とまとの森を
明るく照らします...

【続く...】

  

2018年05月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ